ニキビやクマ治療でNOコンプレックス宣言〜肌トラブル簡単解消〜

色ごとの特徴と治療

女の人

あざと聞くと、腕や足などに衝撃があった際に発生する症状という印象がありますが、あざには先天性と後天性があります。衝撃によって生じた場合は後天性のあざであり、生まれた時はなかったのに成長が進む同時にあざが発生します。先天性の場合は生まれた時から生じています。黒、茶、赤、青のように色で分類され、色ごとに発生する原因が異なります。一昔前の治療方法として切除が有名でしたが、技術が発展した事によってレーザー治療でも治せるようになりました。しかし、経験と専門性が重要となりますので、レベルの高い医師を見つける事が大切だとされています。

あざごとの特徴を知りましょう。黒あざは色素性母斑と呼ばれていますが、俗にいうほくろの事です。小さいほくろは被害がないですが、大きくなると悪性である可能性が高まるので治療を行なう必要があります。大きい場合は切除する場合もありますが、小さいほくろであればレーザー治療で直せます。茶あざは扁平母斑と呼ばれ、シミに似ているのが特徴です。シミっぽく見えるので、シミと勘違いして放置する方も多いですが、成長と共に肩や胸、腹部など発生します。剛毛が生えてくるのも特徴ですので、見かけたら茶あざの可能性が高いです。黒と同じくレーザー治療が有効的とされています。青あざは、太田母斑や異所性蒙古斑、遅発性両側性太田母斑様色素斑などがあり、症状によって適切な治療方法が確立しています。範囲が大きいので一目で判断出来るのが特徴です。赤あざは血管腫と呼ばれており、血液と深い関係のある症状となっています。生まれつきである事が多く、妊娠などのように特殊な状態になると症状が悪化するケースもありますので、早めに対処しておいた方が安全です。色素レーザーとの相性が良いので比較的綺麗に処理出来ます。

Copyright© 2017 ニキビやクマ治療でNOコンプレックス宣言〜肌トラブル簡単解消〜 All Rights Reserved.